年次報告書

ホーム > 年次報告書 > B01-4班

B01-4班

27年度の実施計画

1)昆虫-昆虫相互作用グループ

2成分系の性フェロモンを用いるヒメアトスカシバで、フェロモン成分の比率とそれぞれの受容細胞の比率が同じであることを世界で初めて明らかにした。平成27年度は、3-4成分のフェロモン受容系のガ類を用い、複数成分からなるフェロモン識別機構を一般化する。
多成分系からなるアリの仲間識別気候も調べる。平成28年度には、B01-2班との連携で数学者と協力し、昆虫における多成分の匂い識別機構のアルゴリズム解析を進める。得られる成果は、複数のガス成分検出器等に利用可能と期待される。

2)昆虫/微生物-植物相互作用

昆虫/微生物-植物相互作用グループでは、樹木に振動を与え、マツノマダラカミキリの行動を効果的制御するために、振動発生装置の改良を進める。また昆虫の振動受容器をモデルとした工学的研究への展開のために、振動受容器の細胞レベルの微細構造や物理的特性を明らかにする。イネのウイルス抵抗性に関わる6個の推定遺伝子から標的を決め、感受性のインディカイネに抵抗性を付与する遺伝子を形質転換イネの作出によって特定する。

3)極限環境生物グループ

ネムリユスリカの驚異的な乾燥耐性システムの解析をネムリユスリカ培養細胞のサブセルラーサイズ構造からアプローチし、細胞の常温保存の技術開発の手掛りとする。細胞の常温保存は、農学・医学の応用上、極めて重要である。

27年度の実績報告概要

昆虫-昆虫相互作用グループでは、1)2成分系を利用する他のガ類から新規性フェロモン受容体候補遺伝子を単離した。2)3-4成分系ガ類では、RNAseqの発現量解析により、各性フェロモン受容体候補遺伝子の発現量が異なることを示した。また、多成分分子で構成されるにおいの化学センサ開発を目指した研究においては、3)イモリ由来の匂い分子結合タンパク質(CpLip1)、クロオオアリ由来の化学感覚タンパク質(CSP1)のN,C末端ビオチン化タンパク質の大量発現に成功した。4)クロオオアリのCSPと嗅覚受容体(Or)遺伝子の網羅的同定を完成し、当該感覚子で働く約100種類のOrの絞り込みを行った。これらのOrをそれぞれ擁する100本の受容神経が格納されている当該感覚子において世界で初めて、においセンサ内受容神経ネットワークの存在を示唆する微細立体構造を明らかにした。
昆虫/微生物-植物相互グループでは、5)ジャポニカイネに存在するBrome mosaic virus (BMV)抵抗性遺伝子候補の形質転換イネを作製し、1個が標的遺伝子であることを確認した。6)「振動により害虫を防除する方法」で国内および国際特許を取得した。また、センサーの工学的応用の観点から昆虫の振動受容器がサブセルラー構造のみならず、感覚細胞周囲の外液組成において哺乳動物蝸牛の内リンパ液の組成との類似点を持つことを発見した。7)エリシター処理したイネの代謝物からbeta-phenylalanineを同定した。
極限環境生物グループでは、8)乾燥耐性能力に優れたネムリユスリカ由来の培養細胞(Pv11)の187日間の常温保温に成功し、その後、技術の改良を加え、保存期間の延長(251日)を達成した。

(アーカイブ)

 

ページの先頭へ戻る