アーカイブ2015

ホーム > アーカイブ2015

アーカイブ2015

(3/3更新)[2016.3.22@東京] 「生物模倣技術の社会実装に向けた標準化」セミナー -GRIPS・NISTEP・JSA標準化討論会-

政策研究大学院大学にて「生物模倣技術の社会実装に向けた標準化」セミナー -GRIPS・NISTEP・JSA標準化討論会-を開催致します。

主 催:国立大学法人 政策研究大学院大学(GRIPS)/文部科学省 科学技術・学術政策研究所(NISTEP)/
一般財団法人 日本規格協会(JSA)/高分子学会バイオミメティクス研究会(TC266国内審議会)
共 催: 一般財団法人日本知財学会 知財学ゼミナール分科会

日 時:2016年3月22日(火) 13:00-17:00

会 場:政策研究大学院大学 4階 研究会室4A(東京都港区六本木7丁目22−1)

参加要領:(事前登録 定員70名)
参加登録を下記ウェブサイトからお願いいたします。
http://1603.grips-symposium.info/

標準化は、技術的成果の普及促進、安全性の確保、部品の接続性の担保、品質・性能の比較可能性の向上といった機能を有しており、科学・技術・イノベーションと社会の関係を考える上での重要なテーマの一つです。日本規格協会と政策研究大学院大学では、2009年度より、標準化に関する年一回のセミナーを開催してまいりました。2012年度からNISTEPが主催団体に加わっております。今回のセミナーでは、バイオミメティクス(生物模倣)について、現在の標準化の動向および技術の具体事例を概観したうえで、今後の標準化の論点を議論・検討いたします。

プログラム:
13:00-13:15 開会挨拶 GRIPS/NISTEP/JSA
13:15-14:00 基調講演 「ISOにおける規格化に向けた動きの概要」(仮)
平坂 雅男(高分子学会 事務局、元 帝人㈱ 知財部)
14:00-15:00 研究者からの発表(各20分)
溝口 理一郎(北陸先端科学技術大学院大学)
恒松 直幸(科学技術振興機構)
香坂 玲(金沢大学 准教授)
15:00-15:15 休憩
15:15-16:15 事例報告(各30分)
「モスアイの事例」(仮) 魚津 吉弘(三菱レイヨン)
「水の要らない風呂の事例」(仮) 井須 紀文(LIXIL)
16:15-16:55 パネルディスカッション 「社会実装をどう進めるか」
パネリスト:
下村 政嗣(千歳科学技術大学)
石田 秀輝(東北大学)
田中 正躬(日本規格協会 前理事長、国際標準機構(ISO) 元会長)
隅藏 康一(政策研究大学院大学 准教授/
文部科学省科学技術・学術政策研究所 客員研究官/本セミナー企画責任者)
モデレータ:香坂 玲
16:55-17:00 閉会挨拶 下村 政嗣

https://sites.google.com/site/seminar2016biomimetics/

 

(12/15掲載)[2016.3.26@京都] 日本化学会 第96春季年会ATPセッション”バイオミメティクス(生体模倣)の最新動向”

日本化学会 第96春季年会ATPセッション”バイオミメティクス(生体模倣)の最新動向”

日時:2016年3月24日(木)~27日(日)

場所:同志社大学 京田辺キャンパス(京都府京田辺市多々羅都谷)

日本化学会 第96春季年会ATPセッションでバイオミメティクスのセッションが企画されます。

2016年3月24日(木)~27日(日)に同志社大学 京田辺キャンパスで開催される日本化学会 第96春季年会ATPセッションにおいて”バイオミメティクス(生体模倣)の最新動向”に関するセッションが企画されました。

ATPセッション T2 話題の技術 ~実用化のカギを握る新素材~
Topical Technology – New Materials Holding the Key to the Practical Use

(サブセッション)バイオミメティクス(生体模倣)の最新動向/New Trends in Biomimetics
http://www.csj.jp/nenkai/96haru/index.html

趣旨:今世紀初頭にナノテクノロジーと博物学の連携によって新たな潮流を生み出したバイオミメティクスは、ロータス効果による超撥水性等の“機能発現のパラダイム変換”と、自己組織化等の “モノつくりプロセス変換”をもたらす持続可能な革新技術として注目されています。新素材・新システムの開発には、情報科学による生物学から工学への技術移転が不可欠であり、その基礎から応用展開、国際標準化等の最新動向について紹介します。

■プログラム(案)■
3月26日
9:00~9:10 セッション趣旨説明 下村政嗣
9:10~9:40 依頼講演 京大院農 森直樹
「農学におけるバイオミメティクス」
9:40~10:10 依頼講演 大阪工大 藤井秀司
「微粒子安定化ソフト分散系が拓くバイオミメテック材料」
10:10~10:50 招待講演 帝人(株) 広瀬治子
「モルフォ蝶を模倣した製品開発」
10:50~11:00 休憩
11:00~11:30 依頼講演 浜松医科大学 高久康春
「NanoSuit®法によるリアルな生物表面観察のバイオミメティクスへの展開」
11:30~12:00 依頼講演 北海道大学大学院 先端生命科学研究院 黒川孝幸
「生物に学ぶ粘着表面設計」
12:00~13:00 昼食
13:00~13:50 基調講演 同志社大学 吉川研一
「混雑環境が作り出す高次機能:細胞の賢さを学ぶ」
13:50~14:20 依頼講演 千葉大院工 桑折道済
「メラニン顆粒から着想したコロイド粒子を用いる視認性の高い構造発色の実現」
14:20~15:00 招待講演 (株)日立製作所 宮内昭浩
「バイオミメティクスへの期待と流体制御応用の可能性」
15:00~15:10 休憩
15:10~15:50 招待講演 (株)島津製作所 武内誠治、安居嘉秀
「最先端分析評価技術とバイオミメティクス」
15:50~16:20 依頼講演 旭川医科大学 室崎 喬之
「自己組織化表面微細構造のフジツボ付着期幼生に対する抗付着効果」
16:20~16:50 依頼講演 金沢大学人間社会研究域 香坂玲 内山愉太 金沢大学大学院自然科学研究科 藤平祥孝
「国際動向と特許から考えるバイオミメティクス」

(2/25更新)[2016.3.3-5@沖縄] 科学研究費「生物規範工学」全体会議ならびに公開シンポジウム

科学研究費「生物規範工学」全体会議ならびに公開シンポジウム

3月3日(木) 生物規範工学/JAMSTEC合同講演会(沖縄県市町村自治会館)

3月4日(金) 公開ジョイントシンポ“海洋資源メッカ沖縄で考えるバイオミメティクス”
(沖縄県市町村自治会館)

3月5日(土) フィールドワーク

3月3日(木)

生物規範工学/JAMSTEC合同講演会
(沖縄県市町村自治会館 4階 第5・6会議室:沖縄県那覇市旭町116-37)

※こちらの会議は非公開となっております。

09:15-09:20       領域代表 下村 政嗣 (千歳科学技術大学)
09:20-09:35       A01班班長 野村 周平 (国立科学博物館)
                     「バイオミメティクス・データベース構築―2015年度後半の取り組み」
09:35-09-50       A01班 溝口 理一郎 (北陸先端科学技術大学院大学)
                     「オントロジーの拡充と高機能化」
09:50-10:05       B01班班長 大園 拓哉 (産業技術総合研究所)
                     「シワ構造のトライボロジー」
10:05-10:20       B01班 野方 靖行 (電力中央研究所)
                     「流水条件下における生物付着評価方法の開発への取り組み」
10:20-10:35       B02班班長 針山 孝彦 (浜松医科大学)
                     「サブセルラーサイズの生物表面研究の重要性-多機能な生存戦略を学んで、ものづくりに」
10:35-10:45         休憩
10:45-11:00       B03班班長 細田 奈麻絵 (物質・材料研究機構)
                     「班間連携による魚類の吸盤に関する研究」
11:00-11:15       B03班 松尾 保孝 (北海道大学)
                     「新しい実装技術に向けたバイオミメティクス表面の開発」
11:15-11:30       B04班 光野 秀文(東京大学)
                     「生物規範環境応答・制御システム」
11:30-11:45       B05班班長 劉 (千葉大学)
                     「生物羽ばたき飛行の受動的な制御」
11:45-12:00       B05班 木戸秋 悟 木戸秋 悟 (九州大学)
                     「がん細胞の運動表現型診断のための弾性率可変マイクロファイバーゲルマトリックス」
12:00-13:00         昼食
13:00-13:15       C01班班長 石田 秀輝 (東北大学・地球村研究室)
                     「光り輝く未来を創るために」
13:15-13:30       C01班 小林 秀敏(大阪大学)
                     「心豊かなライフスタイルとテクノロジーを繋ぐデータベースの構築」
13:30-14:10      特別講演1 辻井 先生(辻井先生の古希祝いを記念)
                      「超撥水現象の温故知新-私の研究と生物の超撥水-」
14:10-14:50      特別講演2 赤松友成 先生 (水産総合研究センター)
                      「海洋生物に学ぶセンシングとコミュニケーション
14:50-15:20    休憩(会場設置・ポスター発表準備)
15:20-16:50       ポスター発表を中心にしたJAMSTECと合同の成果発表会
18:00-              懇親会 (ヘリオスパブ国際通り店)

3月4日(金)

 公開ジョイントシンポ“海洋資源メッカ沖縄で考えるバイオミメティクス”
(沖縄県市町村自治会館4階 第4~6会議室:沖縄県那覇市旭町116-37)

09:15-09:20       領域代表 下村 政嗣(千歳科学技術大学)

テーマその1 海洋資源とバイオミメティクス

09:20-10:00     招待講演1 金本 昭彦 先生 (オーピーバイオファクトリー株式会社)
                      「海洋生物資源を活用した事業展開」
10:00-10:40     招待講演2 白山 義久 先生 (海洋研究開発機構)
                      「海洋生物の自然史学に学ぶバイオミメティクス」
10:40-10:50            休憩
10:50-11:30     招待講演3 松浦 啓一 先生 (国立科学博物館)
                      「新種のフグが作るミステリーサークル:魚の「建築」技術を探る」
11:30-12:10    招待講演4 ◯西田 睦 先生(琉球大学)、馬渡 駿介 先生 (北海道大学名誉教授)
                     「国立自然史博物館はバイオミメティクスのメッカ!?」
12:10-13:10             昼食
13:10-13:50     招待講演5 佐藤 圭一 先生 (沖縄美ら島財団 総合研究センター)
                      「沖縄美ら海水族館が創り出す多様な資源とその活用」

テーマその2 自己組織化とバイオミメティクス 「良い加減さの起源」

13:50-14:30     招待講演6 都甲 先生 (九州大学)
                      「生体模倣技術を用いた味と匂いを測るセンサ開発」
14:30-14:50     講演1 尾崎 まみこ 先生 (神戸大学)
                      「匂いで良い加減を知る?アリの巣仲間センシング」
14:50-15:00             休憩
15:00-15:20     講演2 秦 重史 先生 (海洋研究開発機構)
                      「ネットワーク科学におけるロバスト性」 ※講演者が変更になりました
                      講演2 室崎 喬之 先生 (旭川医科大学)
                     「フジツボの抗付着に適した「良い加減」な表面微細構造」
15:20-15:40     講演3 吉岡 伸也 先生 (東京理科大学)
                      「昆虫の表面構造における『良い加減さ』」
15:40-16:00     講演4 山濱 由美 先生 (浜松医科大学)
                      「眼の構造における『良い加減さ』 水棲生物の場合」

3月5日(土)

※こちらは公開、先着50名となっております。

フィールドワーク

漫湖というラムサール条約にも登録された湿地で、観察用の施設を併設しているため安全に観察できます。さらに小規模ながらマングローブもあるため、マングローブ特有の貝類や魚類なども観察できます。那覇中心部からも3km程度と非常にアクセスが良く、水鳥の飛来地としてよく知られている湿地ですので、おそらくほぼ確実に本州では見られない野鳥を観察できると期待されます。
http://www.manko-mizudori.net/
(奥武山公園駅から徒歩15分、壺川駅から徒歩20分、那覇中心部からは3km程度)

10:30     漫湖水鳥センター集合
10:30-11:30 鳥類に関するセミナー
11:30-12:00 ディスカッション
12:00-13:00 テラスまたはレクチャールームで昼食
13:00-14:00 水鳥観察

 

===<お申込み用フォーマット>====〆切:2月19日(金)==========
2016年3月4-5日 生物規範工学公開シンポジウム(沖縄)
ご所属:
ご氏名:
メールアドレス:

3/4シンポ : 出席 ・ 欠席
3/5フィールドワーク: 出席 ・ 欠席
=======================================================
(上記「出席・欠席」など不要な方を消してお送りください)

◆お申込み先◆
「生物規範工学」領域事務局
E-mail:office@poly.es.hokudai.ac.jp

 

160303沖縄公開シンポポスター

(12/25掲載)[2016.1.27-29@東京]nano tech 2016 第15回国際ナノテクノロジー総合展・技術会議に出展致します

nano tech 2016 第15回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議

日時:2016年1月27日(水)~29日(金)

場所:東京ビックサイト(東京都江東区有明3−10−1)

nano tech 2016 第15回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議が、1月27日~1月29日に東京ビッグサイトにおいて開催されます。

期間中、バイオミメティクス・ネットワーク・ジャパン”という展示ブースを展示します。新学術領域関連の展示でもあり、今後の日本の産業界への貢献の一つとなることを目指します。

2016年1月29日 11:30~13:45 バイオミメティクス研究会「『ものづくり』をかえる、バイオミメティクス」という題名のカンフェランス・セミナーが、メインシアター会場にて開催されます。

また、3日間の期間中、ナノスーツ法のデモンストレーションをJEOLの卓上SEMのNeoScopeをお借りしてブースにおいて公開します。

詳細はこちら→ http://www.nanotechexpo.jp/main/conference_seminar_schedule2016.html

2015年12月13日の北海道新聞日曜版に下村政嗣先生(総括班)、長谷山美紀先生(A01班)、下澤楯夫先生(評価委員)、平井悠司先生(B01班)らが掲載されました

2015年12月13日の北海道新聞日曜版に下村政嗣先生(総括班)、長谷山美紀先生(A01班)、下澤楯夫先生(評価委員)、平井悠司先生(B01班)らが掲載されました。

2015年12月13日(日)
北海道新聞 日曜版
ほっかいどう知究人
バイオミメティクス 生物に学ぶモノづくり 異分野連携で大きな成果

http://biomimetics.es.hokudai.ac.jp/press/%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E6%96%B0%E8%81%9E%E3%80%80%E6%97%A5%E6%9B%9C%E7%89%88/

※ログインするとPDFファイルを閲覧できます。

 

【2015.12.15】12月8日にJSTの新技術説明会で針山孝彦先生(B01-2)と石井大佑先生(B01-2)が 発表したナノスーツ関連の記事が日経BPのWebサイトに掲載されました。

【2015.12.15】12月8日にJSTの新技術説明会で針山孝彦先生(B01-2)と石井大佑先生(B01-2)が発表したナノスーツ関連の記事が日経BPのWebサイトに掲載されました。
詳細は下記URLをご覧下さい。

・まとめ記事
日経BPnet「医療」
名工大など、電子顕微鏡で“生物”を観察できる“ナノスーツ”技術を発表
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/12/16/00842/?ST=medical

・記事全文
日経BP 知財Awareness [Article]
名工大など、電子顕微鏡で“生物”を観察できる“ナノスーツ”技術を発表
http://chizai.nikkeibp.co.jp/chizai/etc/20151215.html?bpnet

【2016.1.6】NHK総合テレビにて「ファーブルもびっくり!ぞくぞく発見 夢のムシ技術」が放送されます

【2016.1.6】NHK総合テレビで、私たちの研究分野の一端が放送されます。

この放映は、欧米を中心に世界的に注目されているバイオミメティクスが、日本でも新技術開発に結びつき研究開発の、より一層の促進が必要であることが認識されつつある証拠かもしれません。番組では、何種類かの節足動物を取り上げ、それぞれの生物種がもつ“進化の結果としての環境適応のテクノロジー”と”その応用”が紹介されます。正月早々に、子供たちがこの放映を見て、近未来社会の科学者・技術者としての夢を育み、持続可能性社会の担い手となってくれることでしょう。ぜひ、ご覧ください。

  「ファーブルもびっくり!ぞくぞく発見 夢のムシ技術」
  NHK総合テレビ
  2016年1月6日(水)夜8時~8時43分 ※正月特番
  http://www4.nhk.or.jp/P3786/

桑折道済先生(公募班)、穂積篤先生(B01-3)、平井悠司先生(B01-1)が第4回ネイチャー・インダストリー・アワードを受賞しました

2015年12月4日(金)に大阪科学技術センターにて開催されました「第4回 ネイチャー・インダストリー・アワード」において、桑折道済先生(公募班)、穂積篤先生(B01-3)、平井悠司先生(B01-1)が受賞しました。

【OSTEC賞】
  「メラニン顆粒を模倣した吸収のあるコロイド粒子を用いる多彩な構造発色の実現」
  千葉大学 桑折 道済氏

【技術開発委員会賞】
  「魚の鱗に倣った超撥油性表面の創製~水/油連続分離システムの開発~」
  産業技術総合研究所  穂積 篤氏

【日刊工業新聞社賞】
  「自己組織化を利用した無反射・超撥水/超親水シリコン微細構造の作製」
  千歳科学技術大学 平井 悠司氏

(2/10更新)[2015.12.1-2016.3.31@東京]『NanoSuit®法-生きたままの生体の電子顕微鏡による“生態”観察』

文部科学省情報ひろばにて企画展示『NanoSuit®法-生きたままの生体の電子顕微鏡による“生態”観察』が開催されます。

NanoSuit®法や、医学・生物学、材料科学およびバイオミメティクスによる“ものづくり”について紹介します。
また、サイエンスカフェ「高真空環境で生命維持を可能にした秘密のお話」も開催し、NanoSuit®開発についての説明や走査型電子顕微鏡を使った観察も行います。

http://www.hama-med.ac.jp/uni_index_johohiroba.html

をご参照ください。

【展示】

期間 2015年12月1日(火)~2016年3月末日(予定)

会場 文部科学省 情報ひろば 企画展示室 (東京都千代田区霞が関3-2-2)

【サイエンスカフェ 第一弾】

 日 時 2015年12月22日 13時~15時(お話1時間、観察1時間)

 会 場 文部科学省 情報ひろば 旧庁舎1階ラウンジ

 対 象 学生(高校生以上)、一般成人

(当日参加も可ですが、だいたいの人数把握をしたいので、
浜松医科大学広報室 koho@hama-med.ac.jpまで事前連絡いただけますと幸甚です。)

入場無料です。

【サイエンスカフェ 第二弾】

新しい顕微鏡技術によって見えてきたヒト組織の新たな姿についてお話をします。また、実際に顕微鏡を使った観察も行います。ぜひ お誘い合わせの上、ご参加くださいますようお願いいたします。(入場無料)

日 時   平成28年2月18日(木) 13:00~15:00

会 場   文部科学省 情報ひろば 旧庁舎1階ラウンジ

対 象   学生(高校生以上)、一般成人

連絡先まで参加人数をお知らせください。
連絡先 浜松医科大学広報室(koho@hama-med.ac.jp)

 

[2015.11.17]に高分子学会バイオミメティクス研究会が開催されます。

15-2バイオミメティクス研究会
主題=環境とバイオミメティクス

趣旨

生物多様性は、長い進化の過程において環境に適応した結果であり、「生物の技術体系」とも言うべき“高炭素世界の完全リサイクル型技術”によって獲得されたものです。バイオミメティクスは、「生物の技術体系」における“生産プロセス”や“作動原理”、“システム制御”を規範とすることで、「人間の技術体系」にパラダイムシフトをもたらし環境調和と持続可能性に資する技術革新を目指す、古くて新しい科学技術の体系です。バイオミメティクスの体系化には、環境と生物多様性に関する生態学的な知見は不可欠であり、また一方で、環境と産業活動に関する経済学的な視点を持つ事が重要になります。京都で開催される国際標準化ISO TC266Biomimetics国際委員会における持続可能性の議論や、12月にパリで開催される国連気候変動枠組条約第21回締約国会議と京都議定書第11回締約国会合を鑑み、今回は、”環境とバイオミメティクス”を主題にいたしました。
また、『生物模倣技術と新材料・新製品開発への応用』(技術情報協会刊)からは、センシングの話題を提供して頂きます。

http://www.spsj.or.jp/entry/annaidetail.asp?kaisaino=1086

 

主催:高分子学会バイオミメティクス研究会、ISO/TC266バイオミメティクス国内審議委員会

共催: 科学研究費新学術領域「生物規範工学」

協賛: アスクネイチャー・ジャパン、モノづくり日本会議ネイチャーテクノロジー研究会、ナノテクノロジービジネス推進協議会バイオミメティクス分科会

日時: 平成27年11月17日(火) 13:00~18:00

会場: 産業技術総合研究所 つくばセンター 共用講堂 2階 大会議室

(茨城県つくば市東1-1-1 中央第1 電話:029-861-2130)
交通:つくばエクスプレス「つくば駅」よりバスで「並木二丁目」下車徒歩3分、またはタクシーで約15分
JR常磐線「荒川沖駅」よりバスで「並木二丁目」下車徒歩3分、またはタクシーで約15分
http://www.aist.go.jp/aist_j/guidemap/tsukuba/center/tsukuba_map_c.html

プログラム

13:00~13:05 開 会  (高分子学会バイオミメティクス研究会運営委員長)下村 政嗣
<第一部:ISO TC266 京都国際会議の報告>
13:05~13:25 WG1について  (大阪大学)齋藤 彰
13:25~13:45 WG2について  (物質・材料研究機構)細田 奈麻絵
13:45~14:15 WG3、タスクGについて  (産業技術総合研究所)関谷 瑞木
14:15~14:45 WG4について  (北陸先端科学技術大学院大学)溝口 理一郎
14:45~15:00 休 憩
<第二部:環境とバイオミメティクス>
15:00~15:40 環境マネジメント・CSRからみたバイオミメティクス(仮) (積水インテグレーテッドリサーチ)白鳥 和彦
15:40~16:20 欧米の環境・技術戦略からみたバイオミメティックス  (三菱総合研究所)亀井 信一
16:20~17:00 生物多様性保全と自然環境評価  (大阪府立大学)平井 規央
17:00~17:10 休憩
<第三部:『生物模倣技術と新材料・新製品開発への応用』(技術情報協会刊)から>
17:10~17:50 フジツボ構造の形成によるプラズモン現象の効率的発生とバイオセンシングへの応用 (産業技術総合研究所)福田隆史
17:50~18:00 閉会

受付期間

2015年09月01日~2015年11月16日

参加要領

1) 定員 100名
2) 参加費(税込) 企業 2,160円、大学・官公庁 1,080円、学生 1,080円
名誉会員・終身会員・フェロー・ゴールド会員・シニア会員 1,080円
(バイオミメティクス研究会メンバー 無料)
3) 申込方法 学会ホームページ http://www.spsj.or.jp/entry/ からお申し込みください。
参加証を順次送付いたします。
4) 振込先 銀行振込<三菱東京UFJ銀行銀座支店(普)1126232 公益社団法人高分子学会>
郵便振替<00110-6-111688 公益社団法人高分子学会>
5) その他 プログラムは予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

問合先

高分子学会 バイオミメティクス研究会 係
〒104-0042 東京都中央区入船3-10-9 新富町ビル6F
電話 03-5540-3771 FAX 03-5540-3737

1 / 41234

ページの先頭へ戻る